スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
いっぱいいっぱいだった8,9月
母への思わぬ宣告に目の前が真っ白になった。

残された時間。

元気でいれる時間。

頭を回るのはその事ばかり。


少しでもそばに。
そう思って過ごした時間は、わかりきっていたことだけど少しずつ歪を生み、ふがいない自分へのストレスとなった。


目に見える病巣はとりのぞいたのだから再発はしないかもしれない。

たとえ再発したとしてもすぐに逝くわけではない。
治らないまでも進行しなければいい。

何度も言い聞かせるように思ってもふとよぎる不安に何度も足が止まる。



そんなこんなの時期を過ぎ明日より治療は次の段階へ。

次の治療は前に進むため。
あと何年も一緒にいるため。


かつらのことばかり気にする母に帽子ぐらい編むよといった。

何も出来ないけど少しでもそばに。
その気持ちに変わりはない。








子は個であるとつけた子供の名前。

兄弟比較することのないように。

soraはsoraであり

rittoはrittoであり

bonはbonである。


同じ親から生まれても同じではない「個」である。
ましてや私ではない。


そういう私に

kimi。ちゃんもまた個だよと言ってくれた友


なんでだろう。
ふと思い出した。
10/04 09:16 | mutter | TB:0
http://seswithb.blog105.fc2.com/tb.php/21-47c22549
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 kimi。 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。