スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
よくしゃべる子供
サークルのとき、
「この先同居は絶対ない」と言い切った私^^;

何でそう言い張れるのか?不思議に思われる方もいらっしゃるかと。
そんな理由を書きとめてみる。

くら~くおも~い内容もありなので興味のある方だけどうぞ。
1歳過ぎたころから話し出し、あれよあれよというまに会話ができるようになったsora.。

1歳3ヶ月ほどで「トンたんしぇんべい食べる~」「ジェリー好き~」とよく食べ
1歳半で「トンたんじゃないよくうちゃんだよ~」と怒り
出かければ「ひいばあちゃん寂しい言うとるよ。ママ帰ろう~」という。

「おなか痛い~」って言って一時間後に吐き出したのも1歳半。

そんな1歳半の子供が泣いたのです。

「ママ、僕の事いらないの?」
「ばあちゃんがそういう」

顔面蒼白。

そのあと、私もそういってるところを見てしまったこともあり・・・
最悪の状況で家を出ました。(他にもいろいろあったけど)

もうしらん!!、顔も見たくない!!

そういうころもあったけど。
今でも「soraどうしたらいいの~」っていって泣いたsora顔を忘れれないけど。
今は普通に接してます。
わだかまりがないといえば嘘になるけど、なによりも仲たがいをし続ければsoraはもう一度傷つくことになる。
でも、学校行事には呼ばないん(鬼嫁)



みんながsoraを好きだった。
大好きなsoraにみんなが自分を一番好きになってほしくて悪い方向へ向かってしまったとそう思ってます。
私も若く融通が利かなかったのかもしれない。

でも、だけど・・・なので、同居はないと言い切ってみました^^;


soraが泣いたのはrittoがおなかにいるとき。
上の子がこんな小さいのに兄弟を作るそのことも夫の両親には理解できないところがあったのかな?
(夫の実家は変わっていて、下に兄弟ができたらおにいちゃんは祖父母と寝るんだって)

だけどsoraは、本当にすんなりrittoを受け入れてくれて大切にしてくれた。
小さいことにこだわる私が恥ずかしくなるような大きな優しさ。


そのことも私の心を溶かしました。
お互いに横を向き続けることは簡単だけどそれはきっとsoraが望むことじゃない。

子供に教えられることはたくさんです。

余談ですが

そんな感じでritto出産を迎えたのでsoraを預けるところは当然無く。
幸い、託児所併設(看護婦さん対象)の産院でいつもsora連れの私を気にかけてくださった院長が

な~んも聞かず、
「あ~、うちの託児所入れてもいいよ。
病室から朝、夕送り迎えしてもらわれ~。
そんで、病室泊まられよ。食事だけは用意してあげてね。
いっちゃ~そんな人もたまにおるちゃ。ゆうとくよ~」


と言ってくださったので、お風呂と夕飯は夫に連れて帰ってもらったけどその後は病室に戻ってきてシングルベットに二人寝る。
そんな産後でした^^;
退院するときsoraに
「ritto連れて帰ろうね~」って言ったら「どのritto君連れて帰るの~?」って。。。
母、こけそうになったわ。
それも今となっては笑い話。
私も出産にあたりsoraと離れずにすみ、これはこれでよかったな~って思ってます。
(bonを産んだときは、soraとrittoと離れることに私のほうがくじけそうでした^^;)







02/20 16:29 | mutter | CM:0 | TB:0
name

HP

comment

pass
   
http://seswithb.blog105.fc2.com/tb.php/35-bd4b586b
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 kimi。 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。